ママ友の利絵子ちゃんから教えて貰った、パパ活アプリのJメール、PCMAX、ワクワクメールを使ってパパ募集を始めました。
コロナの自粛生活があり、暇を持て余している人たちも多数です。
そのためなのか、比較的早く連絡を受け取ることに成功しました。
ワクワクメールの中でメールを出してくれたのが、50代の投資家男性です。
私の掲示板メッセージは、しっかりと把握してくれていた男性でした。
「コロナの影響で、シングルマザーは大変なんだね」
この言葉に、もしかしたらという期待を抱く私でした。

 

 リモートで、お酒に付き合って欲しいと言われました。
その時間は、一時間半程度。
手元にあったお酒で、リモート飲みのお付き合いをすることになりました。
利絵子ちゃんから、自分からお金に対して汚い言葉を出さないようにと言われていました。
そのため、お金が欲しいとあからさまには言いませんでした。
相手の男性、理解できているのか、さりげなく現状を聞いてきてくれたりして。
ここで汚さを出さない程度に、仕事が減り、困っている状況を伝えてみました。
同情してくれているのは、伝わってきて安心感を覚えてしまいました。

 

 オンラインの関係が終了した時、少しだけカンパしてあげようと言ってくれました。
その金額が、驚きの5万円でした。
目を見張りました。
1時間半程度、お付き合いしただけです。
それなのに、5万円と言い出したのです。
からかわれているのか?
そう思ったのですが、私の電子マネーに5万円がチャージされていました。
「また、時間作ってくれる?定期飲みしたい」
男性の言葉に、ものすごい強烈な感動が押し寄せてきました。

 

 シングルマザーのパパ活に成功です。
オンラインの関係に成功です。
コロナが蔓延する現在、会うのは難しい。
だけど、オンラインでパパからの収入が得られました。
エロチックな行為は一切無し。
楽しくお酒にお付き合いをしただけです。
それで、大きな収入が発生し、次回の約束までして貰えてしまったのです。
これだけの収入でも、正直助かりました。
さらに安定を求める気持ちもあり、パパ活アプリの中で行動をつづけていく強い決意を持つことができました。

おすすめ定番アプリ登録無料

お金を支援してくれる人探すならコレ!!